【美女と野獣】実写版映画を10倍楽しくみるトリビア10選~その8(ガストン)




映画【美女と野獣】で仇(かたき)役といったら
ガストンですよね?
今回の実写版【美女と野獣】で、ガストンを演じているのは、
ルーク・エヴァンス♪

(※YouTubeより引用)



実は、ルーク・エヴァンス、
ガストンを更に凶悪に見せるようにあることをしていたそうです!?
今回は、このトリビアについてご紹介したいと思います。
それでは、さっそく!


スポンサードリンク







●ガストンを演じるルーク・エヴァンスのトリビアとは?

●この他に気になるトリビア

●まとめ

この順番で紹介していきますね。



ガストンを演じるルーク・エヴァンスのトリビアとは?



ルーク・エヴァンスが、ガストンを演じるときに特別にしたこと。
それは…


ガストンが、より凶悪に見えるように
(※吸血鬼のように見えるよう工夫したそうです。ルーク・エヴァンス談)
入れ歯を付けていたそうです!!


なんと、ルーク・エヴァンスは、
通常の犬歯よりも長めの犬歯を、自分の歯につけて
ガストンがより凶悪に(吸血鬼のように?)見えるように工夫したそうですよ!




ちなみに、ルーク・エヴァンスは以前、
映画【ドラキュラZERO】で、ドラキュラを演じていまた。
この映画のドラキュラは、ホラー映画というより
アクションと愛を足して、2で割ったような映画。
※個人的には、まあまあ好きな映画でした。
興味のある方は、ツタヤに行ってレンタルしてみてください。




この他に気になるトリビア



この映画の主人公ベルについても色々なトリビアがあります。
その中でも、私が一番気になっていたこと…
誰が、ベルを演じかということ。


映画の製作が決まる前には、
色々な女優さんの名前が上がっていました。


まず、一番ウワサだったのが、
●リリー・コリンズ(Lily Collins)。
イギリス出身のハリウッド女優。
生年月日は、1989年3月18日。
彼女の父親は、イギリスのミュージシャン『フィル・コリンズ』です。



彼女の他に候補として上がっていたのが
●エミー・ロッサム(Emmy Rossum)。
誕生日は、1986年9月12日。
アメリカで、女優や歌手として活動しています。



結果として、
ベル役は、エマ・ワトソンに落ち着いたわけですが、
個人的には、リリー・コリンズ(Lily Collins)のベルも観たかったかな~…



まとめ



●ガストンを演じていたルーク・エヴァンスは、
ガストンが凶悪(吸血鬼のように)に見えるように入れ歯をしていた。


●その入れ歯は、犬歯で、しかも通常の犬歯より長めだった。


●また、ベル役には、様々は候補が上がっていた。
エマ・ワトソンの他に、リリー・コリンズ(Lily Collins)やエミー・ロッサム(Emmy Rossum)が
候補して上がっていた。




以上が、
『【美女と野獣】実写版映画を10倍楽しくみるトリビア10選~その8(ガストン)』となります。
また、ディズニー映画で忘れてはいけないもの!
隠れミッキーも登場しています!
⇒●実写版の映画【美女と野獣】~隠れミッキーはどこにいる?



日本語の吹替え版では、
多くの芸能人が起用されています。
気になる方は、チェックしてみては?
⇒●【美女と野獣】 実写版キャスト~日本の吹替キャストに有名芸能人が多数参加!


スポンサードリンク