【美女と野獣】実写版映画を10倍楽しくみるトリビア10選~その5(ユアン・マクレガー)




2017年4月21日(金)から
日本で全国ロードショーされる
ディズニー映画最新作 実写版【美女と野獣】♪





今回のトリビアなんですが、
この映画を字幕版で観るあなたに、
ぜひ知っておいてもらいたいトリビアです♪





それでは、さっそく…


スポンサードリンク







●ユアン・マクレガーに関するトリビア

●その他にも!?

●まとめ

この順番で紹介していきますね。



ユアン・マクレガーに関するトリビア



今回の映画で、
ユアン・マクレガーが演じるのは、【ルミエール】



ちなみに、【ルミエール】のしゃべり方の特徴といったら、
フランス語なまりの英語…^_^;)
※字幕版で、この映画を観るあなたなら、この意味わかりますよね?


ルミエール演じる、ユアン・マクレガーもこのフランス語なまりの英語で
大分苦戦をしたようです…^_^;)



フランス語なまりの英語をしゃべっていたつもりが…



ユアン・マクレガー自身、一生懸命フランス語なまりの英語を話していたつもりでしたが、
※実際、彼の奥さんはフランス人です。
聞いてみると…、
結局、メキシコなまりの英語にしか聞こえなくて
映画の撮影が終ったあとで、自身のセリフをすべて取り直しするハメになりました…(-_-;)。


結構、ユアン・マクレガー自身も、
ショックだったのではないでしょうか?




実は、この他にもユアン・マクレガーにまつわるトリビアがあります…。



その他にも!?



ユアン・マクレガー扮する【ルミエール】。
ルミエールが映画で見せるダンスシーン、とても印象的ですよね?


このダンスシーンなんですが、ユアン・マクレガーはモーションキャプチャーという手法で
撮影に挑みました!
このモーションキャプチャーでの撮影なんですが、
特別な専用のスーツを着用しないといけません。


ユアン・マクレガー、このスーツを着るのが恥ずかしくて
しょうがなかったそうです。
そのせいで、あのルミエールダンスがきちんと演じることが
できなかったとのこと…^_^;)
※一流のハリウッド俳優でも恥ずかしいことがあるんですね…


ちなみに、この撮影現場には、
撮影クルーとユアン・マクレガーだけ、だったそうです。
※ユアン・マクレガーさんは、意外と恥ずかしがり屋さん?




モーションキャプチャーでの撮影とフランス語なまりの英語のセリフに
結構苦戦していたユアン・マクレガー。


フランス人の奥さんと結婚する前は、
多くの女優さんと浮名を流しました。
ゴシップ記事にも常連でしたから…。

ユアン・マクレガー、奥さんとの出会いと結婚

彼の奥さんは、フランス人美術監督イヴ・マヴラキス。
出会いは、TVシリーズ【カヴァナ・QC】の撮影現場でした。
結婚は、1995年7月22日。


そんなユアン・マクレガーも
今では、4人の子ども(すべて女の子)を持つ良き父親です。
※ちなみに実子は、2人、あとの2人は、養子。



まとめ



●字幕版でルミエールを演じているユアン・マクレガーですが、
フランス語なまりの英語のセリフには苦戦。
彼のセリフが、メキシコなまりの英語に聞こえて、
すべて取り直ししなければならなかった。


●また、ルミエールが映画で見せるダンスシーン。
これは、モーションキャプチャーで撮影された。
ユアン・マクレガーは、モーションキャプチャーの専用のスーツを
着て撮影しなければならず、とても恥ずかしがった。


●俳優として生真面目に見えるユアン・マクレガーだが、
意外と恥ずかしがり屋の一面も!?




以上が、
『【美女と野獣】実写版映画を10倍楽しくみるトリビア10選~その5(ユアン・マクレガー)』となります。
ちなみに、日本語の吹替え版で、
声を担当しているのは、成河(そんは)さん。
今回の吹替え版でも、多くの有名芸人が参加しています。
⇒●【美女と野獣】 実写版キャスト~日本の吹替キャストに有名芸能人が多数参加!


また、ディズニー映画というと、
【隠れミッキー】がどこに登場するのかも気になりませんか?
実写版の映画【美女と野獣】でも隠れミッキーが登場しています。

⇒●実写版の映画【美女と野獣】~隠れミッキーはどこにいる?


スポンサードリンク