【パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊】のトリビア~気になる5選




2017年7月1日から、
日本での公開が決まった【パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊】

※ちなみに、今回の映画公開日は、日本と海外ではこんなに違います…^_^;)
⇒●パイレーツオブカリビアン5【最後の海賊】公開日~日本と海外ではこんなに違う!【予告動付き】




ホントに楽しみです♪
そこで、今日は、日本での公開が迫った【パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊】を
さらに面白く観るために、気になるトリビア5選をあなたにお伝えします。




映画を観る前にチェックして
さらに映画を楽しんでくださいね♪
それでは、さっそく!気になるトリビア5選はこちら!


スポンサードリンク







【パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊】のトリビア~気になる5選





トリビア~その1



今回のパイレーツ・オブ・カリビアンの上映時間は、2時間9分。
この上映時間ですが、パイレーツ・オブ・カリビアンのシリーズの中でも
一番短い上映時間となっています。


ちなみに、歴代のパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズの上映時間はこんな感じです。

● 2003年 ⇒ 2時間23分

● 2006年 ⇒ 2時間31分

● 2007年 ⇒ 2時間49分

● 2011年 ⇒ 2時間16分

こうしてみると、今回の新作がいかに短い上映時間かが
分かりますね。



トリビア~その2



今回の映画は、オーストラリアで撮影されましたが、
このロケ地で撮影中に、主演のジョニー・デップが手にケガをしてしまいました。


このケガで、ジョニー・デップは、アメリカに戻らなければなりませんでした。
ケガの治療なら、ロケ地のオーストラリアで良さそうなものですが、
わざわざ本国のアメリカまで帰るとは、何かあったのでしょうか?
その裏事情も、気になるところです…^_^;)



トリビア~その3



パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズは、映画史上12番目に高い興行成績収入をあげている。
アメリカ国内では、1,279,221,957ドル、海外では、3,729,600,000ドルを稼いでいる。
1ドルを100円で換算してみるといかに、稼いでいるか分かりますね^_^;)
●アメリカ国内 ⇒ 1,279,221,957 ☓ 100 =127,922,195,700円

●海外     ⇒ 3,729,600,000 ☓ 100 =372,960,000,000円



トリビア~その4




これまでのパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズで、
シリーズ中に、ずっと映画に出ていたのは、
●ジョニー・デップ
●ジェフリー・ラッシュ
●ケビン・マクナリー
の3人だけ…。


これは、ちょっと意外でした…
もうちょっと他にもいたんのではないか?と思っていました。



トリビア~その5



映画の撮影時、パイレーツ・オブ・カリビアンのファンに邪魔をされないように
ロケ地では、【ハーシャル(Herschel)】という名前で撮影を行っていた!


なんと映画の撮影ときに、
パイレーツ・オブ・カリビアン5の映画だとバレないように
ハーシャルという名前で撮影をしていたなんて意外ですね。
でも、このお陰で映画の撮影は比較的スムーズに進んだようですね。




以上が、
『【パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊】のトリビア~気になる5選』となります。
また、他に面白いトリビアが入ってきたら、あなたにお伝えしたいと思います。
ちなみに、YouTubeで面白い動画があったので紹介しておきます。

アメリカのディズニーランドのアトラクション【カリブの海賊】で
ジョニー・デップ本人が出現!てっきり、ソックリさんかと思っていた
お客さんは、本物のジョニー・デップだと分かると…

(※YouTubeより引用)

【パイレーツオブカリビアン5の関連記事】

⇒●パイレーツオブカリビアン5の前売り発売日が決定!~でも特典は何?

⇒●パイレーツオブカリビアン5【最後の海賊】~3D・4DXの上映は?

⇒●パイレーツオブカリビアン5にポールマッカートニー出演~どんな役?

⇒●【パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊】のトリビア~気になる5選

⇒●パイレーツオブカリビアン5のグッズ~【徹底調査】いつから販売?


スポンサードリンク