映画【モアナと伝説の海】~海外のある地域で【Vaiana】になってる本当の理由





2017年3月10日(金)から
日本で全国ロードショー公開される
ディズニーアニメ最新作【モアナと伝説の海】





海外では、ほとんどの国には
原題のタイトル【モアナ(Moana)】で統一されていますが
ある国では、この【モアナ(Moana)】ではなく、
【ヴァイアナ(Vaiana)】となっています。




結構、このことについてもネットでは
色々な情報が飛び交っていますが
本当の理由をあなたは、ご存知ですか?




この記事では、
一部の海外地域で、
【モアナ(Moana)】が、なぜ【ヴァイアナ(Vaiana)】になっているのか
本当の理由をあなたにお伝えしていきますね。
それでは、さっそく!


スポンサードリンク





●【モアナ(Moana)】が、【ヴァイアナ(Vaiana)】になっている地域は?

●タイトルが違う本当の理由

●まとめ


以上の順番で紹介していきます。



【モアナ(Moana)】が、【ヴァイアナ(Vaiana)】になっている地域は?



映画のタイトルが、
【ヴァイアナ(Vaiana)】になっている地域ですが
ヨーロッパやアジアの一部でこのタイトルが使われています。
※ちなみに、イタリアでは、オセアニア(Oceania)になっています。




ウィキペディアを読んでみると
イタリアの成人映画の女優モアナ・ポッツィ(Moana Pozzi)と混同を避けるためと
なっています。
※ちなみにモアナ・ポッツィ(Moana Pozzi)も、
しばしば、モアナと呼ばれるそうです。
また、彼女は、1994年9月15日に33歳の若さで亡くなっています。





実際はこれよりももっと深刻な大人の問題があったのです。
それが、本当の理由。
では、その本当の理由を紹介します。




タイトルが違う本当の理由



じつは、この【モアナ(Moana)】、
ヨーロッパの化粧品ブランドとして、商品名登録がしてあるのです。
なので、【モアナ(Moana)】を使用すると
法的に引っかかり使用ができないということが本当の理由なのです。




ウィキペディアでは、このことについては
触れられていません。



まとめ



●映画の原題【モアナ(Moana)】は、
海外のある地域では、【ヴァイアナ(Vaiana)】になっている。


●映画のタイトルが違う理由に、
ウィキペディアでは、イタリアの成人映画の女優さんと同じだから、
映画のタイトルが違うとあるが事実は、異なる。


●ヨーロッパでは、化粧品ブランドに【モアナ(Moana)】があり、
すでに商品登録されていて、【モアナ(Moana)】の名前を簡単に使用できない。


●このことにより、一部の地域では、
【モアナ(Moana)】ではなく、【ヴァイアナ(Vaiana)】が疲れている。




以上が、
『映画【モアナと伝説の海】~海外のある地域で【Vaiana】になってる本当の理由』となります。
この情報があなたのお役に立てば嬉しいです。


スポンサードリンク